スポンサードリンク

こんにちわー!

今、Buhitter(ブヒッター)の無断転載疑惑がとっても話題ですよね!

ブヒッターとは、Twitter上で上げられた、絵師さんやコスプレイヤーさんの

画像を埋め込みツイートでまとめた、いわゆるまとめサイトの事です。

個人的にも同業っちゃ同業なのでまとめサイト管理人は関心が高いトピックではないでしょうか!

そこで、今回はブヒッター側の問題点、Twitter上での利用規約・SNS上での反応について調べてみました!

スポンサードリンク

Buhitter(ブヒッター)の概要

■Buhitterとはどのようなサイトですか?
ディープラーニングを利用して、Twitter上でバズっているイラストをまとめるサイトです。

■どういった内容のまとめでしょうか?同じような絵がまとまっているんでしょうか?
時間あたりのリツイート数が多い画像をランキングとしてまとめています。

またディープラーニングを使用することにより、写真などを除外しイラストのみのランキング(まとめ)になるようにしています

■どこにディープラーニングを利用しているのでしょうか?
ディープラーニングはイラストとそれ以外(写真など)を分類するのに使用しています。これによりイラストのみのランキング(まとめ)になるようにしています

■ランキング1位になってるものよりリツイート数多いイラスト見つけたんだけど?
イラストと写真の分類を間違えることがあるため、本来1位になるべきイラストが集計対象外となっているかもしれません。

こちらに関してはより良いモデルを作成し、誤判定が減るよう頑張っていきたいと思います。

また、「認証済みアカウント」のツイートは集計対象外としています。公式絵が表示されても何も面白くないので・・・

■「ディープラーニング、ディープラーニング」って強調してますけど、ディープラーニングって言いたいだけでしょ?
はい!その通りです!

引用元:Twitterイラストまとめ。Buhitter !

今話題になっているこのBuhitter(ブヒッター)ですが、どうやらディープラーニングという技術を用いてまとめているみたいですね。

ディープラーニングといえば英語の教材っていうイメージがありましたが、

一体なんなのかという細かな技術の内容は紹介しませんが、AI技術と思ってもらえればいいかと。

よくコンピュータVS人間といった勝負が行われていますが、

ディープラーニングはもっとも難しいと言われていた囲碁において、人間の達人を負かすところまで進歩していますが、今の時点では、総合力で人間の知性にはまだ追いついていません。しかし、このままディープラーニングが進化すると、人間を超えるコンピューターが出現するのではないかと考えられているのです。

引用元:ディープラーニングと英語学習の関係:日経ビジネスオンライン

ブヒッターはAI技術というのかディープラーニングでまとめたサイトということになるようです。

なので、個人的には管理人はほとんど常駐していないというか、自動化されているのかなって思っちゃいましたが、どうですかね~?

スポンサードリンク

Twitter側の利用規約について。ブヒッター閉鎖に追い込めるか?

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。

引用元:Twitter サービス利用規約

このTwitter利用規約からも解釈できるように、

『当社があらゆる媒体または配信方法』の記述から、

埋め込みコードを使った配信方法であれば、

どのメディアでも掲載する事が可能という事になります。

それが、Twitterを利用する前提条件になるのですから、

この規約を知らずか読んでいないかで、後からやんややんや言われても

ブヒッター側としては「知らんがな!規約読めや!」って感じでしょうね。

実際問題、ある編集部がTwitterへ今回の一連の件で問い合わせたそうですが、

編集部がTwitter広報に問い合わせたところ、同サービスについては「Twitterの規約上、問題ない」とのことでした。

引用元:「勝手に転載しないで!」イラストまとめサービス「Buhitter」が大炎上 → Twitterは「規約上問題ない」(ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

公式で『問題ない』と言われているのだから、どう転んでも問題ない訳ですね。

なので、この一連の件では、ブヒッターの閉鎖には追い込む事は出来ません。

ちなみに、ブヒッター側ではご丁寧に削除依頼フォームも設置されています。

もし削除してもらいたいツイートがあればドシドシ申請しちゃいましょう!

Twitterイラストまとめ。Buhitter !

ちなみにSNS上での反応もまとめてみましたので、一緒に詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

SNS上での炎上反応まとめ

いかがでしたでしょうか?

SNS上でもBuhitter(ブヒッター)の話題が注目というのか炎上というのか盛り上がってますね!

あなたはどう感じました?

今後の動向も気になりますね!

是非一緒に注目していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました~!

 

スポンサードリンク