スポンサードリンク

こんにちわー!

あなたはおもちゃメーカーバンダイからリリースされる「だんごむし」ガチャガチャを知っていますか?

○○が○○でとっても話題で個人的にも気になっています!

そこで、今回は○○や○○・SNS上での反応について調べてみたので是非参考にしてみて下さいね♪

スポンサードリンク

『だんごむし』の概要

バンダイは6月4日、ダンゴムシを1000%スケールで立体化したカプセルトイ「だんごむし」を発表した。ダンゴムシの構造を徹底的に研究。丸くなる体を再現し、カプセルレスのカプセルトイとして販売する。8月第5週に発売予定。1回500円(税込)。

広げた状態では全長約140ミリ、丸くなった状態の直径は約74ミリで、カプセル自販機からそのまま転がり出てくるという。

広げた状態では全長約140ミリ

丸くなった状態の直径は約74ミリ

カプセル自販機から丸い状態で出てくる
「昆虫が苦手な開発担当が、さまざまな文献や図鑑などでダンゴムシ特有の複雑な構造を徹底研究しながら試作を重ね、カプセル玩具としては異例の2年という歳月をかけてダンゴムシが丸まる様子を再現した」(バンダイ)という。

通常の「黒いだんごむし」に加え、「青いだんごむし」「白いだんごむし」の3種類を用意した。なおバンダイによると「青いだんごむし」は実在するという。

玩具の展示会「東京おもちゃショー2018」(6月7〜10日、東京ビッグサイト)のバンダイブースで展示する。

引用元:ダンゴムシを10倍の大きさで立体化したカプセルトイ 丸くなる体を忠実に再現 – ITmedia NEWS

まとめると、

  • 発売予定日:8月の第5週
  • 1回の価格:500円
  • 販売店舗:全国のカプセル自販機
  • 全種類:3種

このカプセルトイ(ガチャガチャ)の面白いところは、通常カプセル入りで排出されるが、この「だんごむし」はカプセルに入っておらず、だんごむしが丸まった状態で排出される、

いわばむき出しのまま出てくるのが面白いですよね~♪

ガチャガチャって100円か300円のものが中心なので、1回500円はちょっと高いですけどそれだけ大きさもあるので、フィギュア感覚で買われていくんでしょうね。

小さな男の子のお子さんがいる家庭は買っていってあげると面白がられるでしょうね。

実際丸めたり広げたりして遊べるでしょうし、最終的にはきっとボール代わりに投げられたり蹴られて遊ばれていくんでしょうね(笑)

全種類ラインナップはこちら

「黒いだんごむし」

「白いだんごむし」

「青いだんごむし」

白のダンゴムシと青いダンゴムシがきっとレアだと予想しますが、確率も気になりますよね。

メディアからの注目度次第では一気に人気に火が付く可能性もあるので、白いダンゴムシ辺りはプレミア価格も付いちゃったりするかも?

白いダンゴムシが出なくて、何回もガチャガチャを引くのがお金かかって嫌だという方は全3種類ネット通販で購入できるようになるみたいですよ、詳しくは下記から確認してね▼

全3種類セット販売は下記のリンクから購入できます。

 

構造はどうなっている?断面図はこちら

何ともスゴイ仕組みですね、これで500円は正直安いかもって思っちゃいますね。

ただのフィギアにしておくのがもったいないですね。

さすが、無駄に2年と開発期間を経て研究に研究を重ねてきたんでしょうね。開発者の方流石です!

スポンサードリンク

SNS上での反応まとめ


いかがでしたでしょうか?

SNS上では意外や意外結構欲しいっていう反応が多かったです!

個人的には虫大っ嫌いなので最初はマジ気持ちわりいって思っていたのですが、

このダンゴムシであれば何回も見たら何となく可愛く思えてきそうな気もします。

あなたはどう思いましたか?

気になる方は下記からも通販購入の予約が出来るみたいなんで、良ければ是非♪

スポンサードリンク