スポンサードリンク

こんにちわー!

今、テーマパーク・ディズニーシーが2020年に新エリアを拡大するとの事で話題ですよね!

個人的にとっても気になっています!

そこで、今回は新エリアについての概要や増設場所・行き方についても調べてみました!

スポンサードリンク

ディズニー新エリアの概要

オリエンタルランドは4月にTDSもしくは東京ディズニーランド(千葉県浦安市、TDL)のいずれかを拡張すると表明していた。今回の拡張は同社にとって約3400億円を投じて01年に開業したTDS以来の大規模な投資となる。現在は平面駐車場として使っているTDLに隣接する土地を活用して新エリアを設ける。

同社は15年にTDSでアナ雪の世界観を体感できるアトラクションを導入すると発表していたが、用地不足から結論を持ち越していた。新エリアではアナ雪の施設のほかディズニー映画「塔の上のラプンツェル」や「ピーターパン」をテーマにしたアトラクションや飲食・物販の施設を導入する。また拡張エリアでは最上位クラスの客室を有するホテルを新設する。

オリエンタルランドは現在、TDLとTDSで年間約3000万人を集める。ただ、来園者の混雑が深刻になっており、満足度の低下も指摘されていた。エリアの拡張と新コンテンツの導入で来園者を呼び込むとともに、面積拡張による混雑感の緩和を狙う。

TDSは世界で唯一「海」をテーマにしたディズニーパークで、外国人客からの人気も高い。22年度までの大規模投資でエリア拡張とコンテンツの拡充で、世界で唯一のパークとしても価値を高め来園者の増加を狙う。

また、ディズニー社とのライセンス契約は現行で46年までだったが、76年まで延長される。

引用元:ディズニーシー拡張 アナ雪・ラプンツェルなど新施設  :日本経済新聞

スポンサードリンク

拡張場所の航空写真

①開発予定地
本プロジェクトでは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーに隣接する駐車場を
転用し、東京ディズニーシーの敷地を拡張します。
②施 設 数:アトラクション(4 施設)、飲食施設(3 施設)、商品施設(1 施設)、
ホテル(1 施設)
③開発面積:約 140,000 ㎡
(うち、テーマパーク・ホテルエリア 約 100,000 ㎡)
④導入時期:2022 年度中(予定)
⑤投 資 額:約 2,500 億円(予定)

新施設の詳細

『アナと雪の女王』エリア

アトラクション(1 施設)
レストラン(1 施設)

『塔の上のラプンツェル』エリア

アトラクション(1 施設)
レストラン(1 施設)

『ピーター・パン』エリア
アトラクション(2 施設)
レストラン(1 施設)

ショップ
1 施設

ディズニーホテル

客室数:475 室
付帯施設:レストラン(2 施設)、ロビーラウンジ、
駐車場ほか

スポンサードリンク

ディズニー新エリアへの通路はどこ?徒歩どのくらい?

新テーマポートに行くには、アラビアンコーストとロストリバーデルタの間の通路から接続される予定との事。

ディズニーシーに何十回と行っている方なら分かると思いますが、

シーの入り口から一番奥までなので、直で行こうとしたら物凄い歩く時間がかかると思います。

混雑具合もあると思いますが人混みをかき分けていくとなると、

シーの入り口から徒歩20分前後は見ておいた方が良さそうですね、歩くスピードが遅かったら30分くらいかかってしまうかもしれません。

入り口を新たに増やすとなると、人件費やゲート設備など諸経費がかさむのと、人の流れも入り乱れる懸念もあるでしょうから、やっぱり今までの一つの入り口からって感じでしょうかね?

入場料金はどうでしょうかね、混雑状況を見て、あまりにも酷い様な状況が続けば、混雑緩和の意味で値上げをしてくるのはこれまでの流れから予想できますよね。

混雑緩和が目的なら、これ以上入場料が安くなるって事は無いでしょうから、据え置きか値上げのどちらかになるでしょうね。

SNS上での反応まとめ

いかがでしたでしょうか?

でもディズニー好きからしたら、こういった発表があると本当ワクワクしちゃいますよね!

今後も大きな話題になりそうですね!是非一緒に注目していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました~♪

スポンサードリンク