スポンサードリンク

こんにちわー!

若い世代に人気のテーマパーク「富士急ハイランド」が

7月から入園料の無料化というニュースが話題になっています。

ネット上では喜びの声が上がる一方で、経営状態を心配する声も上がっています。

詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

富士急ハイランドはいつからいつまで入園料無料?

富士急ハイランドの打ち出した施策が入園料の無料化です。

期間について分かっているのは、2018年7月中旬から入園料の無料化がスタートするとの事。

いつまで入園料が無料なのかは公式発表はされていないようですが、特に期限については触れられていませんでしたので、

期間限定のキャンペーンといった形ではないでしょう。

スポンサードリンク

富士急ハイランドが入場料無料の理由は?

現在の富士急ハイランドの入園料は子供900円、中学生以上1500円ですが、

2018年7月中旬から入園料が無料になります。

無料化への理由や背景については公式サイトで発表されています。

この夏、従来の遊園地の枠組みを超えた新しい形のアミューズメントパークへと進化させるべく、平成30年7月中旬より入園料を無料化いたします。

この度の無料化は、富士急ハイランドと富士五湖周辺の様々なコンテンツとを自由に組み合わせて、もっとたくさんの人にエリアを回遊してもらい、これまで以上に富士山観光の楽しさ、素晴らしさを感じていただきたいという想いから実施するもので、これにより、“FUJIYAMAだけ乗ろう”“ランチしに行こう”“お土産を見たい”といった短時間だけの滞在も可能になり、楽しみ方の幅が大きく広がります。

今後富士急ハイランドは、一番のウリであるアトラクションに磨きをかけつつも、もっと幅広いお楽しみを提供できるよう、人気コンテンツとのコラボイベントや話題性のある季節催事、ブランド力のあるグルーバルチェーンや地元名産品店等の誘致を積極的に推進し、将来的には、富士急ハイランドを起点に富士五湖や富士山五合目へ出かけてまた戻ってくるような、まさに“富士山観光のハブ”になることを目指しております。
誰もが好きな時に好きな分だけ、好きなことをお楽しみいただける、たくさんの人が集う場所へ。
進化を続けていく富士急ハイランドに、ご期待ください。

引用元:入園無料化の実施について | お知らせ | 富士急ハイランド

富士山観光の主要スポットととして盛り上げる為の施策という事が挙げられるかと思います。

“FUJIYAMAだけ乗ろう”
“ランチしに行こう”
“お土産を見たい”

気軽にフラッと立ち寄れるようなレジャー施設へと転換しようとしているようですね。

富士急ハイランドは立地条件的には地元の方以外はアクセスがしずらく、それこそ気軽には遊びに行けないのが現状なのではないでしょうか。

そういった対策の一環なのかと個人的には思いますがどうなのでしょうか。

入園料無料化についてネット上では、「経営難なのではないのか?」と早くも心配する声も上がっているようですね。

スポンサードリンク

SNS上の反応まとめ

富士急ハイランドの経営難ではないかと心配する声も

スポンサードリンク