スポンサードリンク

こんばんわ、

作曲家の木下忠司さんが4月30日に亡くなられていたことが分かりました。

木下忠司さんの名前を聞いてピンとこない方も多いかもしれませんが、

このお方はテレビ時代劇でも有名な「水戸黄門」の主題歌を手掛けた作曲家の方です。

突然のニュースでビックリしましたが、心よりご冥福をお祈りすると共に、

木下忠司さんの代表作やSNS上での反応等、詳しく情報を探っていきたいと思います。

スポンサードリンク

木下忠司の死因は?病気の可能性は?

作曲家の木下忠司(きのした・ちゅうじ)さんですが、ニュースで報道されているのが、

老衰という事で、4月30日にお亡くなりになりました。

享年102歳という事で、とても長生きされて天国に行かれました。

若い方は名前も代表作もまるっきり分からないかと思いますので、

少しでも多くの方に知ってもらえるようにSNS上での情報を頼りに探ってみましたので是非ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

SNS上での反応まとめ&代表曲

いかがでしたでしょうか?いくつくらい代表作をご存知でしたでしょうか?

まだまだ多くの手掛けた作品はあるかと思いますが、ピックアップすると

「わが恋せし乙女」

「喜びも悲しみも幾歳月」

「二十四の瞳」

「トラック野郎」

「ああ人生に涙あり」

「ぼくはカリメロ」

懐かしくもあり、人それぞれ思い入れもある曲が多いのではないでしょうか?

木下忠司さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

作品集はこちらからご確認できます▼

木下忠司作品集〜喜びも悲しみも幾歳月

スポンサードリンク