スポンサードリンク

こんにちわー!

最近のニュースで、「民家で飼っていた熊が、飼育員を襲って死亡させた」という悲しい話題が大きな注目を集めていますが、

正直、熊って個人で飼う事なんて出来るの!?って個人的にはそっちの方がビックリしてしまいました。

あんな猛獣動物園以外で飼う事なんて違法じゃないの!?って思っていたので、じゃあどうしたら一般の人でも飼えるのかも調べてみました!

今回は熊以外の猛獣も飼えるのかも気になったので、調べてみました!

スポンサードリンク

個人宅で飼育されていた、ツキノワグマが飼育員を襲ったニュース

2日午前10時半ごろ、茨城県取手市野々井の民家で飼われているツキノワグマに、飼育員の男性(56)が襲われた。男性は後頭部の皮膚がはがれる大けがをし、病院に運ばれたが約9時間後に死亡した。

県警取手署によると、亡くなったのは盛宗一郎さん=同市稲=で、この家に住む男性(70)に飼育員として雇われていた。クマは体長約1.3メートル、体重約110キロの15歳の雄で、男性が県の許可を得て飼っていたという。

近隣住民が悲鳴を聞いて現場に向かったところ、おりの中で倒れている盛さんを発見し119番した。同署は、おりの中で飼育中に襲われたとみて詳しい状況を調べている。

今話題になっているこの熊ですが、どうやら子グマの頃から飼われていたみたいですね。

いくら子グマの頃から飼い慣らされていたとはいえ、猛獣には変わりないですから、動物的な本能で人を襲う事は十分あり得る話じゃないですか。

飼育員が倒れているのが発見された時は、飼育員と熊が一緒の檻の中にいたという話ですからね、

動物園でさえ熊と飼育員が一緒の檻の中には絶対に入らない事は徹底していますからね。

それにしても、この日本で熊を個人で飼っているなんて想像も付きませんでしたねー。

動物園以外違法なんじゃないかという固定観念に縛られていました!

という事で、調べました。

熊が個人で飼えるなら、熊以外の猛獣だってペットとして飼えるんじゃないかと。。(笑)

特定動物というらしいのですが、熊やライオンといった、動物園で飼われているような動物も許可が下りれば個人でも飼えるみたいですよー。

んで、その特定動物の一覧がこちら▼

オオカミとかジャッカルとかゴリラとかチーターとか・・

個人で飼うにはヤバすぎる動物たち・・

絶対飼いたくないですけどねー笑。

まぁもちろん飼う為にはしっかりとした、一定の基準というものが決められています。

それがこちら▼

守るべき基準

  1. 飼養施設の構造や規模に関する事項
    1. 一定の基準を満たした「おり型施設」などで飼養保管する
    2. 逸走を防止できる構造及び強度を確保する
  2. 飼養施設の管理方法に関する事項
    1. 定期的な施設の点検を実施する
    2. 第三者の接触を防止する措置をとる
    3. 特定動物を飼養している旨の標識を掲示する
  3. 動物の管理方法に関する事項
    1. 施設外飼養の禁止
    2. マイクロチップ等による個体識別措置をとる(鳥類は脚環でも可能)

まぁよほどのお金持ち以外は到底飼えないでしょう。笑

お金さえあれば自分で動物園を開業できるという事ですかね。笑

しかしまぁ今回の熊の飼育員を襲うニュースは、個人宅で飼われていただけに、世間でも相当な衝撃があったんじゃないでしょうか。

特にご近所さん。近所に熊が飼われているなんて怖くてしかないですよね・・

ちなみにSNS上での反応もまとめてみましたので、一緒に詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

SNS上での反応まとめ

いかがでしたでしょうか?

SNS上でもこの話題が大きく注目されていますね!

個人的には、飼い主が70歳とご高齢にあたるので今後の熊の動向なんかも気になりましたが、あなたはどう感じました?

最後までお読みいただきありがとうございました~!

スポンサードリンク