スポンサードリンク

FIFAワールドカップ日本対コロンビア戦が盛り上がっている中、

サチモスのテーマソングの曲調が微妙な反応で話題ですね!

個人的にもなんだかテンションが上がらないというか「一体どうした?何故この曲?」って感じでとっても気になっています!

そこで、今回はSNS上での反応について調べてみました!

スポンサードリンク

Suchmosの「ボルテージ」起用概要

「ボルテージ」は、6月に開幕する2018 FIFAワールドカップ ロシア大会をはじめ、Jリーグや天皇杯などの国内大会、日本代表の試合やヨーロッパを中心とした海外サッカーなど、サッカー中継や関連番組のテーマ音楽として使用されるという。

この決定を受けて、ボーカルのYONCE(ヨンス)は、「世界中の視線を集めるピッチはどんな景色だろう。11人とサポーターで燃え上がるボルテージといかしたアイデアがあれば、感動的なシーンがきっと生まれる。心揺らすチャンスメイクを期待しています。」とコメントしている。

引用元:Suchmos「2018 NHKサッカーテーマ」を担当、新曲「ボルテージ」がテーマ曲に – ファッションプレス

コロンビア戦の前半の白熱した試合の途中にライブを行っていたサチモスですが

正直、テンション上がらないというか、けだるい曲の感じがスポーツに全然合っていないww

若者に人気があってお洒落なのは分かるけど・・・聞かせる曲って感じではないんだよなー・・

ちなみにSNS上でも微妙な反応が多いみたいですね!

では一緒に詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

SNS上での反応まとめ

スポンサードリンク

歴代NHKテーマソング

2010年 南アフリカW杯 タマシイレボリューション / Superfly

2014年 ブラジルW杯 NIPPON / 椎名林檎

NHKのサッカーの歴代テーマ曲まとめ

いかがでしたでしょうか?

テンションが明らかに2018年だけ違ってますね。。

今後の日本代表戦も是非一緒に注目していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました~♪

スポンサードリンク